FrontPage


八木秀次に関する記述

八木の経歴に「湯川の研究庇護」

なぜか気が向いて少しばかり八木秀次さんのことを調べてみました。 とはいっても、ネット上だけですが。

八木秀次の経歴 (Wikipedia)

八木秀次の研究の場であった東北大学電気通信研究所(*1)

 東北大学電気通信研究所のトップページに八木・宇田アンテナの絵が載ってます。この名称は、八木自身はレーダの原理的な発見に留まって、アンテナの実用化は宇田が行ったことが近年わかってきたので、アンテナの名称も二人の連名になっています。

 ここらへんまでなら、Tさんのメールに書かれたことの確認といった程度ですが、Wikipediaにある経歴をよく見てみると、次のような記載が。

1933年 大阪帝国大学理学部物理学科主任教授

 ここで面白いと思ったことが2点。ひとつは、東北大(当時は東北帝国大学)の電気通信研究所の設立が1935年なので、研究所ができたときにはもう東北大にはいなかったという点。

 そしてもうひとつ、1933年に大阪帝国大学理学部物理学科に主任として来たのなら、湯川さんともなんらかの接点があったのでは、という点です。

 面白そうなので、もう少し調べてみると、岩手県二戸市にある田中舘愛橘記念科学館のWebに面白そうな記事がありました。そこに、日本の科学者・技術者100人というコーナーがあり、そこの八木秀次の解説を読むと、興味ある記述が。

●大阪帝大物理学科の創設と湯川秀樹の研究庇護
 八木が電気工学者でありながら大阪帝大物理学科の初代主任教授となったのは、大阪帝大の初代総長となった 物理学者・長岡半太郎の要請があったからだった。物理学にも造詣(ぞうけい)が深く、つねに世界の物理学の先端の状況に注目していた八木は、大阪帝大で教授・菊池正士に原子核物理学を研究させ、講師・湯川秀樹には量子力学を 研究させて、欧米の第一線の科学者と競わせた。
 湯川は量子力学の研究が先端的すぎて母校の京都帝大でも理解されなかったために、「阪大に入れて下さい」と八木に頼んだ。承諾した八木は、若い湯川が大阪帝大で量子力学を自由に研究できるように庇護した。その成果が、1934年に書かれた中間子論であった。大阪帝大はわが国の大学でもっとも新しい物理学を研究するメッカとなった。

 ここらへんの事情はもうすこし歴史的な資料で調べたら面白そうなことがわかってきそうな気がしますが、長岡半太郎が、物理学科のデザインを八木秀次にまかせて、その八木が湯川を大阪帝大に呼んだというのはいままで知らなかったことなので興味をひきました。

D

『旅人』にある記述

Dさん: 八木が湯川を大阪帝大に呼んだというのはいままで知らなかったことなので興味をひきました。

 よく調べられましたね。実は、八木が湯川を阪大に呼んだことは、湯川の『旅人』にも書いてあり、私は何度も読んだのですが(つい先日もその前後を斜め読みしています)、覚えていませんでした。いま、『旅人』の「苦楽園」と題する章の、湯川が阪大へ移ることになったあたりを見たところ、次のようなことが書いてありました。

1933年8月、東北大で日本数学物理学会年会が行われた際に、八木と同じく東北大にいた湯川の長兄・小川芳樹の紹介で*1、湯川は八木の住居*2を訪れた。八木はいきなり阪大理学部の様子を何もかもさらけ出して話した。湯川は黙って聞いているうちに、「(八木)先生に対する信頼感が急激に増大し、阪大で勉強さしてもらう決心が、一ぺんにきまってしまった」

と。

 八木が湯川を阪大に呼ぶに当たっては、湯川の長兄・小川芳樹の配慮もあったのですね。

T

新しい大学には、新しい学問を

Tさん:実は、八木が湯川を阪大に呼んだことは、湯川の『旅人』にも書いてあり、…

 僕もどこかで読みましたが、旅人と違う本だったと思います。八木は新しい大学(阪大)には、新しい学問をということで、核物理の菊池(実験)を呼び、湯川を呼んだということだったと思います。

 そういえば、東大は物性が強く、京大は素粒子・原子核...(基研の存在が大きいのでしょう)というのがキャラクターですね。そして阪大は加速器関係に優秀な人を輩出している...。

O

八木の叱責と激励

大阪大学での湯川秀樹・朝永振一郎展のパンフレットから

八木の叱責と激励と題して下記のような記述が、大阪大学での湯川秀樹・朝永振一郎展のパンフレットにあります。

―八木の叱責と激励― 街中の大学でのピリピリした刺激
 湯川は静かな京大の雰囲気から一変した街中の大学のピリピリした空気の刺激をうけた。さらに刺激を受けたのは八木自身の存在であった。八木の教授室は湯川の部屋の真上にあった。湯川の上司の岡谷教授室は3階にあった。
 阪大理学部本館が完成する直前の1934年3月、湯川は八木教授室に呼ばれ、朝永振一郎と比べて、論文がなかなか出ないのはどういうわけか、もっと勉強しろと叱責された。八木のこの痛烈な激励が、湯川の大胆な新粒子(中間子)の仮説へと踏み切らせる後押しとなった推察できる。
 湯川の新粒子の存在の予言を積極的に評価したのは仁科芳雄、友人の朝永振一郎など数えるほどしかいなかった。八木は、専門外でありながら、湯川の仕事を意外な結論でも堂々と主張する論文の方がすきだと評価し、早くまとめて投稿するように勧めた。上司の岡谷教授には書いたという報告だけでよいと、岡谷の手元で論文が眠ることのないようにした。八木は湯川を評価し、1936年に湯川を助教授にした。

070703 M


Tag: 八木秀次 大阪大学 長岡半太郎 菊池正士 朝永振一郎


修正意見等を書き込んでください。もちろん直接修正してもらってもかまいません。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Journal@rchiveに湯川関連の記事を書いております,佐宗@埼玉大と申します。八木秀治と湯川の関係については,松尾博志「電子立国を育てた男--八木秀治と独創者たち」(文芸春秋社,1992)に非常に詳しく書いてあります。 -- 佐宗哲郎 2007-11-17 (土) 23:38:42
  • 済みません,上のコメントで,秀次の次の字を間違えました。 -- 佐宗哲郎 2007-11-18 (日) 23:11:16
  • 佐宗さん、コメントありがとうございました。『電子立国を育てた男』については、本会のSさんも別ページでふれています。(ページ上部にある「単語検索」を利用して、「電子立国」を探すと出てきます。) -- T 2007-11-19 (月) 10:26:14
Counter: 6599, today: 2, yesterday: 0

*1 湯川が結婚して大阪に住むようになったので、長兄は湯川を阪大へかわらせようと思っていた
*2 前年から大阪大学兼任となり仙台では独り住まいだった

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-05 (木) 09:44:35 (3611d)